Q&A

路上文学賞について

路上文学賞って何ですか?

路上文学賞はホームレスの方を対象とした文学賞です。2010年に写真家・高松英昭氏と作家・星野智幸氏によって立ち上げられました。これまでに3度開催し、100作品以上の応募がありました。

過去の受賞作品を読みたいのですが。

路上文学賞開催時に受賞作品集を冊子で配布しています。HPにも随時作品を掲載しています。

次回の路上文学賞はいつ開催されますか?

開催時期はHP、TwitterFacebookで随時お知らせします。

 

作品の応募について

過去にホームレス経験をしていましたが、応募できますか?

現在ホームレス生活をしていない方でも、過去に経験があればご応募いただけます。詳しい応募要項については、募集チラシ等でご確認ください。

作品のジャンルや文字数などに制限はありますか?

文学作品であれば、SFや随筆などジャンルは問いません。文字数は4,000文字以内としています。

パソコンや携帯で文字を打たなければいけませんか?

手書きでも大丈夫です。原稿用紙以外の紙でもかまいません。過去にはチラシの裏に書いて応募した方もいらっしゃいます。

ペンネームでも大丈夫ですか?

大丈夫です。お名前(またはペンネーム)は受賞した場合などに発表されることがありますので、あらかじめご了承ください。

文章を書くのが苦手です。書き方の指導はしてもらえますか?

路上文学賞実行委員会には「路上編集者」というボランティアスタッフがいて、応募前のご相談を受け付けています。なお、路上編集者が関与しているかどうかが受賞に影響することはありません。

作品はどのようにして応募すればよいですか?

メール、郵送、持ち込みで受け付けています。各送付先は応募要項に記載されています。

応募作品は返してもらえますか?

応募作品は返却いたしません。原本を手元に残したい場合は、コピーしたものをお送りください。

 

選考・表彰について

選考委員について教えてください。

路上文学賞の選考は作家の星野智幸氏が行っています。星野氏のプロフィールやメッセージなどはこちらのページをご覧ください。

落選してしまいましたが、理由を教えてもらえますか?

申し訳ありませんが、落選理由のお問い合わせは受け付けておりません。

受賞した場合、どのように連絡がもらえますか?

応募時にいただいた連絡先(電話・メール・住所など)に連絡いたします。また、各支援団体の事務所にも選考結果が掲載される予定です。連絡手段がないという場合は事前にご相談ください。

授賞式はどこで行われますか?

受賞者のいらっしゃる地域まで実行委員会が赴き、授賞式を行います。受賞者に交通費が発生する場合、必要と認められる経費を実行委員会が負担します。

賞金はいくらですか?

賞金は開催年によって異なる場合があります。応募要項をご確認ください。
【参考】第4回路上文学賞――大賞 5万円(1名)佳作 5千円(5名)

 

主催団体について

路上文学賞はどこが主催していますか?

路上文学賞は路上文学賞実行委員会が主催しています。実行委員会は写真家・高松英昭氏と作家・星野智幸氏を中心としたボランティアによって運営されています。

協賛にビッグイシュー基金とありましたが、どういう団体ですか?

ビッグイシュー基金はホームレス生活を送る方々の社会復帰を支援している特定非営利活動法人(特定NPO法人)です。詳細はビッグイシュー基金HPをご参照ください。

ホームレス支援に興味があります。お手伝いできることはありますか?

路上文学賞実行委員会ではボランティアの募集を行っています。ご興味がある方はお気軽にご連絡ください。ボランティア募集の詳細は以下のページをご覧ください。

実行委員会について

 

取材・メディア掲載について

路上文学賞を取材したいのですが、問い合わせ先を教えてください。

路上文学賞への取材はメールで受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

受賞者の取材をしたいのですが、紹介してもらえますか?

実行委員会が受賞者へ意思確認を行った上で、問題がなければご紹介いたします。ただし、取材内容の制限や写真掲載の可否などをお願いすることがあります。必ずお約束を遵守いただくことが前提となります。

ブログで紹介したいのですが、作品を転載してもよいでしょうか?

路上文学賞の応募作品はすべて著作権によって保護されており、作品の転載・改変は禁止されています。紹介していただく際は、作品リンクの掲載等でご対応いただけますようお願いいたします。